忍者ブログ

ポケモンと共に生まれ、ポケモンと共に生きる

俺は、良い手という。忍びの者だ。俺は、ポケモンと共に生まれた。だからポケモンと共に生きる。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1996年2月27日、それはポケモン伝説の幕開け

1996年2月27日、それはゲームボーイというレトロな携帯式遊戯機械の専用ソフトとして「ポケットモンスター赤」しして「緑ポケットモンスター緑」が発売された日として、日本及び世界もっともっと宇宙?の人々に刻まれているだろう。

ついでにいうと、俺、良い手の生まれた日でもあります。

2月生まれ。保育所から常に体験するもの。同級生、デカ。そりゃそうだ、あの年齢の人間とは、半年で馬鹿でかくなるものだ。

話は変わるが、俺が2001年2月27日の誕生日のことだった。幼稚園で2月園児の誕生会があった。

俺は、当時二十代後半に差し掛かった保育士の先生に惚れていた。子供だったが、真剣だった。俺は、ぜったいにゲットしてみせる。そう、園のジャングルジムで夕日に向かって誓ったものだ。キャラメルをなめながら。

そうだ話が脱線したが、その誕生会で記念撮影があった。まゆみ先生(オレノ初恋の人)、俺を膝の上に抱き上げると、俺の一生を左右する言葉を放ったのだ。

「良い手君って、ピカチュウみたいで、かわいい~♪」

俺は、喜びのあまり返事さえできなかったが、帰宅後、トイレのカギさえ閉め忘れたまま泣いた。動揺していたのだ。男泣きに泣いた。

帰宅した母が、俺をトイレのなかで発見するや「あら、我慢できなかったの?おもらししちゃったの」と慰めたが、床を濡らした液体、それは俺の涙なんじゃ!

とは、マザコンの俺は言えなかった。

遠い日の思い出だ。
PR

フリーエリア